デイケア看護師求人ランキング

TOP >> デイケア看護師求人のFAQ >> デイケア看護師の医療処置はどこまで可能?

デイケア看護師の医療処置はどこまで可能?

医療処置は医師の指示があってからおこなうもの。 デイケアに通う利用者はほとんどが介護保険のもとでケアマネージャーによるケアプラン作成に基づいて利用しています。 デイケアを利用する前でも始めてからでも例えば傷があった場合、医師の処方で、ガーゼや軟膏を使うことができますし、「毎日傷の手当てしてください。」や「1回/日はガーゼ交換してください」の指示が出ます。当然、その指示や処方に従って医療処置をするのです。分かってるけれど、病院を離れデイケア看護師など施設で働くようになると勘違いしたり判断に困る人が多いです。

例えば先ほどのように「1回/日はガーゼ交換してください」という指示の場合、デイケアのレク中に汗でガーゼがはずれたり、傷の状態から判断してもう1回帰宅する前に交換した方がいいと判断したら交換するのですよ! そして必ずその旨を医師に直接報告するかケアマネージャー経由で医師に伝達してもらうのです。 突発的な怪我や持病の悪化に対しては応急手当ということになりますが、デイケア看護師として判断すればいいのです。 命に別状なければ医師に報告して様子を見るとか、必要時は救急車を呼んで搬送するのです。 そして忘れてはならないのが医師や家族、ケアマネージャーへの報告です。介護保険の申請をする時は医師の意見書が必要で必ず主治医がいます。 医師・ケアマネージャー・看護師・ヘルパーなどが連携をとりながら介護保険制度のもとで利用者はデイケアを利用することが出来るのです。 看護師として実施した行為の報告は忘れないでくださいね。

応急処置の場合の備品についてですが、あらかじめ利用者が処方されているガーゼや薬をデイケアへ持参してる場合はそれを使えばいいのですが、 思いもよらぬところで怪我をして処置が必要な場合は施設で準備している衛生材料を使います。 勝手に市販薬を買ってきたり他の利用者の薬を使ったりは違法になります。 コストは誰に請求するのか?指示のない市販薬を服用してデイケア中に体調が悪くなった場合の責任は誰が取るのか?・・考えればすぐ分かることです。 この場合は、医師に相談して許可があれば使ってもいいのですが、コスト請求のこともあるのでデイケアの責任者との相談も必要です。 病院でなく施設併設のデイケアの場合在宅と同じ扱いですが、介護保険を使っている以上主治医がいますので相談することと報告を忘れないでくださいね。判断に困ったら医師や責任者と相談です!

長文になりましたが、看護師としての医療処置の基本を常に意識して判断することを忘れなければ大丈夫です。 自信を持ってデイケア看護師として利用者のために貢献してください!

デイケアの看護師求人探しはココ!※人気転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
ナースフル 無料 ☆☆☆☆☆ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆ 株式会社マイナビエージェント 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆
  • 運営会社
  • 株式会社マイナビエージェント
ナース人材バンク 無料 ☆☆☆☆ 株式会社エス・エム・エス 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆
  • 運営会社
  • 株式会社エス・エム・エス

Copyright (C) 2013-2017 デイケア看護師求人ランキング All Rights Reserved.